課外実践指導センター

課外実践指導センターは、教師及び学校の各分野の専門家で構成され、活動の計画や実施標準を制定して各種英語関連の課外実践活動を企画しています。課外実践活動は学生に学習及び実践の場を提供することで、英語学習の雰囲気を高めたり、学習中の難題を解決したりしています。同時に、優秀な学生に段階的な実践教育の機会を与えて、更に学校を代表して各種コンテストに参加する環境を提供しています。


一、大学英語研究型コース―東南大学トップ10チームの選出

新しい教育モデル―大学英語研究型コースを展開しています。学生を小グループに分けて、テーマ選定、討論、調査、まとめを行い、教員の指導を補助とする新型大学英語教育モデルです。この教育モデルは、学生の学習意欲を高めるだけでなく、教員の伝統教授法への挑戦でもあります。課外実践指導センターでは、この新型コースを推進することを目的に、毎年の短学期に『大学英語研究型コーストップ10優秀チームコンテスト』を開催しています。同時に、入賞した10チームの成果を録画し、教育資源として教員及び学生に提供しています。現在、このコンテストは短学期の恒例の行事となっており、外国語教育において大変重要な役割を果たしています。


二、英語コンテスト

全校の学生向けに定期的に各種英語コンテストを開催しています。教務課教学実践科と協力して、各種コンテストで受賞した場合、課外研修単位及び英語の期末総合評価に反映し、更に奨励金を支給しています。このような制度は多くの学生の参加を促しています。更に、英語学習の熱情を高めるだけでなく、学生により多くの課外自主的学習の機会を与えることで、優秀な学生が江蘇省或は全国レベルのコンテストに参加できるのに有力な条件を提供しています。


三、課外研修・公開講演(外国籍の教員の講座を含む)

学内外の専門家や学者を招いて主題講演を行っています。主題講演を通して、英語学習の経験や方法を紹介し、学生の知識面を広げています。そして、講演内容についてのレポートを提出し、専門家の審査の上、課外研修単位を獲得することができます。


四、イングリッシュサロン

定期的にイングリッシュサロンを開催しています。本年度、外国人留学生を招いて計10回のイングリッシュサロンを開催しました。毎回の学生参加人数は50名ほどで、英語担当教員も参加・指導することがあります。このようなイングリッシュサロンは、英語の会話訓練とパズルゲームを結びつけたり、教員との交流や留学生との交流を深めたりして、学生の熱情を高め、より良い学習環境を作っています。


メンバー

主任:郭鋒萍

副主任:王婷 劉蓉